Python Clinet Library of AnnoFab WebAPI (https://annofab.com/docs/api/)


Keywords
annofab, api, client-library, python
License
MIT
Install
pip install annofabapi==0.40.2

Documentation

annofab-api-python-client

AnnoFab Web APIのPythonクライアントライブラリです。

注意

  • 作者または著作権者は、ソフトウェアに関してなんら責任を負いません。
  • 現在、APIは開発途上版です。予告なく互換性のない変更がある可能性をご了承ください。
  • put, post, delete系のメソッドを間違えて実行してしまわないよう、注意してください。特に「プロジェクト削除」や「アノテーション仕様更新」のAPIには十分注意してください。

廃止予定

Features

cURLやPostmanなどよりも簡単にAnnoFab Web APIにアクセスできます。

  • ログインを意識せずに、APIを利用できます。
  • アクセス過多などで失敗した場合は、リトライされます。
  • 「画像を入力データとして登録する」機能など、APIを組み合わせた機能も利用できます。

Requirements

  • Python 3.6+

Install

$ pip install annofabapi

https://pypi.org/project/annofabapi/

Usage

インスタンス生成

user_id, passwordをコンストラクタ引数に渡す

# APIアクセス用のインスタンスを生成
from annofabapi import build


user_id = "XXXXXX"
password = "YYYYYY"

service = build(user_id, password)

.netrcに記載されたuser_id, passwordから生成

.netrcファイルに、AnnofabのユーザIDとパスワードを記載します。

machine annofab.com
login annofab_user_id
password annofab_password
from annofabapi import build_from_netrc
service = build_from_netrc()

For Linux

  • パスは$HOME/.netrc
  • $ chmod 600 $HOME/.netrcでパーミッションを変更する

For Windows

  • パスは%USERPROFILE%\.netrc

service.apiのサンプルコード

project_id = "ZZZZZZ"
# `status`が`complete`のタスクを取得する
content, response = service.api.get_tasks(project_id, query_params={'status': 'complete'})
print(content)
# {'list': [{'project_id': ...

# simpleアノテーションzipのダウンロード用URLを取得する
content, response = service.api.get_annotation_archive(project_id)
url = response.headers['Location']

service.wrapperのサンプルコード

service.wrapperには、server.apiを組み合わせたメソッドが定義されています。

# `status`が`complete`のタスクすべてを取得する
tasks = service.wrapper.get_all_tasks(project_id, query_params={'status': 'complete'})
print(tasks)
# [{'project_id': ...

# simpleアノテーションzipのダウンロード
service.wrapper.download_annotation_archive(project_id, 'output_dir')

# 画像ファイルを入力データとして登録する
service.wrapper.put_input_data_from_file(project_id, 'sample_input_data_id', f'sample.png')

src_project_id = "AAAAAA"
dest_project_id = "BBBBBB"

# プロジェクトメンバをコピー(誤って実行しないように注意すること)
service.wrapper.copy_project_members(src_project_id, dest_project_id)

# アノテーション仕様のコピー(誤って実行しないように注意すること)
service.wrapper.copy_annotation_specs(src_project_id, dest_project_id)

アノテーションzipの読み込み

ダウンロードしたアノテーションzipを、JSONファイルごとに読み込みます。 zipファイルを展開したディレクトリも読み込み可能です。

import zipfile
from pathlib import Path
from annofabapi.parser import lazy_parse_simple_annotation_dir, lazy_parse_simple_annotation_zip, SimpleAnnotationZipParser, SimpleAnnotationDirParser, lazy_parse_simple_annotation_zip_by_task


# Simpleアノテーションzipの読み込み
iter_parser = lazy_parse_simple_annotation_zip(Path("simple-annotation.zip"))
for parser in iter_parser:
    simple_annotation = parser.parse()
    print(simple_annotation)

# Simpleアノテーションzipを展開したディレクトリの読み込み
iter_parser = lazy_parse_simple_annotation_dir(Path("simple-annotation-dir"))
for parser in iter_parser:
    simple_annotation = parser.parse()
    print(simple_annotation)

# Simpleアノテーションzipをタスク単位で読み込む
task_iter_parser = lazy_parse_simple_annotation_zip_by_task(Path("simple-annotation.zip"))
for task_parser in task_iter_parser:
    print(task_parser.task_id)
    for parser in task_parser.lazy_parse():
        simple_annotation = parser.parse()
        print(simple_annotation)
        

# Simpleアノテーションzip内の1個のJSONファイルを読み込み
with zipfile.ZipFile('simple-annotation.zip', 'r') as zip_file:
    parser = SimpleAnnotationZipParser(zip_file, "task01/12345678-abcd-1234-abcd-1234abcd5678.json")
    simple_annotation = parser.parse()
    print(simple_annotation)

# Simpleアノテーションzip内を展開したディレクトリ内の1個のJSONファイルを読み込み
parser = SimpleAnnotationDirParser(Path("task01/12345678-abcd-1234-abcd-1234abcd5678.json"))
simple_annotation = parser.parse()
print(simple_annotation)


DataClass

annofabapi.dataclassに、データ構造用のクラスがあります。 これらのクラスを利用すれば、属性で各値にアクセスできます。

from annofabapi.dataclass.task import Task, TaskHistory
dict_task, _ = service.api.get_task(project_id, task_id)
task = Task.from_dict(dict_task)

print(task.task_id)
print(task.task_status)

備考

annofabapiのログを出力する方法(サンプル)

import logging
logging_formatter = '%(levelname)-8s : %(asctime)s : %(filename)s : %(name)s : %(funcName)s : %(message)s'
logging.basicConfig(format=logging_formatter)
logging.getLogger("annofabapi").setLevel(level=logging.DEBUG)